MENU

水回りリフォームセットはどうなの?築何年目から検討すべき?

水回りリフォームセットと予算

 

家が古くなってくると生活する上で不便が出てきます。そのときにリフォームを検討するという方が多くなってきます。建物の状況によって異なってきますが、大体、新築から15年〜20年くらい経って考える方が多いです。ちなみに水回りというのは長年使用していることで傷みが多くなってきますので、水回りだけでも綺麗にしたいと考える方は非常に多くいらっしゃいます。では、水回りのリフォームというのはどのくらいの予算があればいいのか、把握しておきましょう。

 

水回りのリフォームをする上である程度の予算の目安としてはキッチンが150万円前後、お風呂が100万円前後、トイレが30万〜50万程度、洗面所が50万前後となります。ただ、既存の水回りの位置から大きく変更する工事などをする場合には費用はさらに高くなります。古い家でしたら基本的に給水や排水や配管は補修すると思っていていいでしょう。

 

家の老朽化によって費用の差は変わってきますので、まず家のお風呂の状態を牛舎に見てもらってから見積もりをとるようにするといいでしょう。また、見積もりに関しては1社ではなく複数業者から見積もりをとって比較してみるのも出来るだけ価格を下げる方法の一つとなります。今では業者もリフォームパックだったりキャンペーンなども実施しているところもありますので、そういったものを利用したりするのもいいでしょう。とにかく任せられる業者に頼むということが大事なことになります。

 

お風呂リフォームの費用はどれくらいかかる?

 

業者の見積もりをチェックするときに、リフォーム費用の目安を知っておくということは非常に大事なことです。日本人は一日の汚れを落とし、疲れを癒すということでお風呂は欠かせないものですのでしっかりと覚えておきましょう。

 

最近ではお風呂事情も進化しており、自動でお湯を沸かしてくれるということはもちろんですし、追い炊きの機能なども付いています。また、浴槽だけではなく、浴室を暖めてくれる暖房機能やお風呂の床も冷たくならないといったように、どんどんお風呂が快適になるような機能が出来ています。昔はタイル張りで壁にカビが生えやすかったり、お湯も冷めない内に入らないといけないなど不便な面もありましたので、今のお風呂は本当に快適になってきているといえます。

 

その進化するお風呂だからこそ、古いお風呂がある家はリフォームを考えると思いますが、やはりバリアフリーだったり浴室の広さだったり色々
なお風呂にも種類があるのでどういう風にするのか、そしてどのくらいの目安なのか理解しておきましょう。

 

では、お風呂リフォームの目安ですが、費用はまちまちです。ただ、目安としての費用でしたら50万から150万円程度といわれています。壁や床だけといった内装のみでしたら、そこまで費用はかかりませんが浴槽の交換だったり内装も変えるとなると100万円以上はかかると考えていていいでしょう。

 

この目安を把握しておき、どこまで支払うことが出来るのかということを考慮して、費用に応じて必要な部分だけリフォームをすることが大事です。また見積もりをする際には2社以上の見積もりを依頼することで費用や内容などを比較することができます。

 

キッチンリフォームの費用はどれくらいかかる?

 

まずキッチンリフォームの費用というのはシステムキッチンそのものの費用と、それを設置するための工事費用の二つに分けることができますシステムキッチンだけじゃなく、キッチン全体をリフォームすることによって、それに必要な壁紙だったり、床材などの材料、そして施工費用ももちろん必要になります。つまり、システムキッチンだけの費用だけを考えてしまうと、大きく上乗せされた見積もりが出てくるので、きちんと工事費用があるということを覚えておきましょう。

 

まずシステムキッチンの費用に関してですが、もちろん一律ではなく、メーカーやグレードによって費用は変わります。また、リフォーム会社をどこにするのかというところでも費用が代わります。これは仕入力を見る必要があり、買い付ける際の仕入れ価格が影響しているからです。ですので、同じメーカーで同じ商品でもリフォーム会社によって費用が変わってくることがあります。ですので、色々なリフォーム会社で見積もりをしてみて比較した上でどこを利用するかを決めるといいでしょう。

 

キッチンリフォームをする際には、リフォーム専用工務店、建築会社以外でも、水回り専門店だったりガス会社だったり電気会社もキッチンリフォームをしてくれる場合があります。ちなみに、壁紙や床面の張り替えをせずに、システムキッチンの配置も変えないようでしたら、単純なシステムキッチンの交換だけですので業者の選択肢も増えます。ガス会社だったり電気会社がリフォームを行う際には、給湯器や調理器具関係の設置、材料費の値引きをしてくれるところも多いです。また割引がなくても、ガスや電気の専門会社ですので信頼でき、依頼する際にも非常に安心できます。どこに重点を置くのかということを考えた上でキッチンリフォームを行うことをオススメします。

 

トイレリフォームの費用はどれくらいかかる?

 

今、トイレリフォームが増えてきていますが、リフォームの際の受注が増えているのがタンクレストイレです。魅力としては空間がゆったり使えるというものがあり、その空間に手洗いボウルなどを取り付けることがオシャレなスタイルとして人気です。
もちろん現在あるトイレで多いのは手洗いがついたタンク付きトイレですが、これは洗面所を取り付ける場所がなかったり、古い集合住宅の交換に同じ型を交換するということで需要は今でもあります。

 

ですが、今ではトイレにある程度のスペースがあるところが多く、用を足すだけではなくリラックスできる空間ともなっていますので予算がある方はそういう考え方でリフォームをしています。ちなみにタンクレストイレ、キャビネット、手洗いボウルなどで組み合わせることで、バリエーションは無数にあり、リフォームの相場は非常に変化します。ただ、相場の目安となるのはシステムトイレの工事費込みの費用となりますので覚えておくといいでしょう。ちなみにシステムトイレというのはタンクレストイレ、キャビネット、カウンター、手洗いボウルをメーカーがセットで販売している製品となります。ちなみにシステムトイレの場合はキャビネットの中、もしくはカウンターの下に給排水管を利用するのでコストも抑えて手洗い器を取り付けることができます。

 

では、費用に関してですが、便器の後ろに低いキャビネット、そしてその片側に小さな手洗いボウルを取り付けるようなI型タイプで30万近くかかり、工事費込みだと32万円くらいになります。業者によっては25万円前後で出来るというところもありますので調べてみましょう。さらにサイドカウンターがついて振り返らないでも手洗いボウルが使用できるL型になると10万程上乗せの価格になります。ただ、メーカーによっては60万円以上掛かるところもありますのでおぼえておきましょう。